2000年度(財)日本ハンドボール協会登録にあたっての注意


1.登録用紙について
 登録用紙は6種類、9種別用意されています。
 (1)「一般L・一般A」、「リージョナル」、「大学」、「高専・高校」、「中学生」、「小学生・スポーツ少年
  団」に区分されていますので、該当する種類の用紙で種別ごとに登録して下さい。中学生、小学
  生については競技人口把握のために行うものです。なお、JOCカップなど全国大会に出場するた
  めには、チームおよび個人の登録が必ず必要となります。ご面倒ですが、ご協力よろしくお願い
  いたします。
 (2)種別の異なる登録用紙を使用して、他の種別の登録は出来ませんのでご注意下さい。また、
  年度内にチームの種別を変更することは出来ません。
 (3)登録用紙は選手数が多い場合に裏面にも記載できます。但し、裏面を使用した場合は、「副」、
  「写」のコピーは両面コピーをして「正」と同様に1枚の用紙にして下さい。
 (4)登録用紙は、日本協会ホームページ(http://www.handball.jp/jha/2000touroku_download.htm)
  から、ファイルをダウンロードして使用しても構いません。但し、「一太郎8」、「Word98」のみしか用意
  しておりませんので、対応できない場合は各都道府県協会より配布を受けて下さい。
  *追加事項:今年は、PDFファイルによる配布も行っています、詳しくは同上ダウンロードページへ。
  登録用紙見本
2.登録規定第2条にしたがって、チームおよび個人(チーム役員および選手)は日本協会に登録して
  下さい。登録を行わなければ日本協会、各都道府県協会、または各連盟が主催、共催する大会
  にチーム役員(部長、監督、コーチ、トレーナー、ドクター、マネージャー、主務)および選手として
  参加することは出来ません。また、チーム役員であっても選手として参加する場合は選手の登録も
  して下さい。
3.種別について
 (1)「一般L」について
  日本リーグ加盟チームのことで、すべての大会に参加資格があります。
 (2)「一般A」について
  日本リーグ以外のすべての大会に参加資格があります。
 (3)「リージョナル」について
  都道府県内での大会のみ参加資格があります。「リージョナル」種別のチームに登録した選手は、
  国民体育大会(予選を含む)に参加資格はありません。
 (4)大学
  全日本学生連盟に加盟し、日本協会に登録したチームおよび個人を指します。これ以外の大学
  生は、「一般A」または「リージョナル」登録となります。
 (5)高専
  全国高等専門学校体育協会ハンドボール競技専門部に加盟し、日本協会に登録したチームおよ
  び個人を指します。これ以外の高専学生は、「一般A」または「リージョナル」登録となります。
 (6)高校
  全国高等学校体育連盟ハンドボール部に加盟し、日本協会に登録したチームおよび個人を指し
  ます。これ以外の高校生は、「一般A」または「リージョナル」登録となります。
4.日本協会登録料
種  別 一般 L 一般 A リージョナル 大 学 高専・高校 中 学 生 小学生・少年団
チ ー ム  620,000円   30,000円 3,000円   16,000円   9,000円 -------- --------
チーム役員@* 2,000円 2,000円 2,000円   2,000円
学生チーム役員
500円**
  2,000円**   2,000円** 2,000円**
選  手@* 1,000円 1,000円 300円 500円*** -------- -------- --------
* 登録締め切り後の個人(チーム役員及び選手)の追加登録料は、登録時と同額です。
** 同一学校の男・女両チームのチーム役員を兼任する場合は、登録料を1チーム分のみとする。
  同学校の学生(生徒、児童)をチーム役員として登録する場合は、登録料を選手と同じにする。
***同大学の学生が選手とチーム役員を兼任する場合は、1名分の登録料(500円)のみでよい。
5.登録用紙作成数、提出先および期限について
 各チームは登録用紙を必ず「正」、「副」、「写」の3部(「副」、「写」は「正」のコピーでよい)作成し
 て、「正」、「副」の2部を所属の都道府県協会の指定する日までに提出して下さい。なお、「写」は
  控えとしてチームで保管して下さい。裏面を使用した場合は、「副」、「写」のコピーは両面コピーを
  して「正」と同様に1枚の用紙にして下さい。
6.個人の登録チーム数について
 (1)チーム役員は複数チームに登録できます。但し、登録料はそれぞれにかかります。特例として、
   同一の学校(大学、高専、高校、中学、小学)において男子・女子両チームのチーム役員を兼任
   する場合は、登録料を1チーム分のみとします。
 (2)選手登録は1人1チームのみとし、複数チームに登録(重複登録)できません。重複登録は登録
   規定により懲罰の対象となります。但し、国民体育大会、その他、特別の選抜チームの登録につ
   いては別に定めます。
7.国体一時登録について
 日本協会登録用紙で登録手続きをされたチームが1人以上補強して国民体育大会へ出場しようと
 する場合は、国体一時登録をする必要があります。但し、構成メンバーの年齢は、登録用紙の記
 載いかんに関わらずすべて「国民体育大会規定」の適用を受けるものとします。
8.登録証の発行について
 (1)すべての種別のチーム役員、および「一般L」、「一般A」、「リージョナル」、「大学」、「高専」、「高
   校」に登録した選手には、登録証を発行します。有効期間は当該年度末までです。紛失などで再
   発行する場合は、事務処理費として500円のご負担をいただきます。
 (2)登録証は日本協会に登録されたことを示す重要なものです。各種大会で登録証の提示を求める
   ことがありますので、試合の際は必ず登録証を持参して下さい。登録証の保管・所持には十分ご
   注意ご配慮をお願いします。
9.チームの新規登録について
 新設(新規)チームの場合は、登録締切以降でもその都度登録を受け付けます。但し必ず各都道
 府県協会を経てお送り下さい。新設チームとは前年度に日本協会登録をしていないチームのこと
 を言います。
10.チーム役員および選手の追加登録(新規)について
 チーム役員および選手の追加登録はその都度認められます。追加登録は大会申込期日までに、
 各都道府県協会を通じて完了されていなければなりません。所定の届け出用紙に必要事項を記
 入し所定の追加登録料と共に、各都道府県協会を通じで日本協会へ提出して下さい。日本協会
 が受理した日をもって有効とします。
11.選手の追加登録(移籍)について
 (1)当該年度にチームに個人登録し、そのチームをやめ、他のチームで再び競技をしたい場合は登
   録を抹消し、追加登録(移籍)をしなければなりません。
 (2)追加登録(移籍)の1度目は、当該年度内のいつでもできます。一度追加登録(移籍)をした場合
   は、当該年度2番目の登録チームに3カ月間在籍しなければなりません。3カ月経過しなければ
   2度目の追加登録(移籍)はできません。
 (3)追加登録(移籍)をする場合は、所定の届け出用紙に必要事項を記入し所定の追加登録料と共
   に、各都道府県協会を通じて日本協会へ提出して下さい。日本協会が受理した日をもって有効と
   します。
12.登録抹消について
 所属チームをやめる場合は、登録抹消手続きをする必要があります。所定の届け出用紙に必要事
 項を記入して、各都道府県協会を通じて日本協会へ提出して下さい。日本協会が受理した日をも
 って有効とします。

13.登録用紙記入の際の注意事項について
  登録用紙に記入する際は、下記事項に注意し正確に記入して下さい。なお、前年度の登録一覧
  表(但し全項目は入っていない)を各チームに配布しますので、ご参照下さい。
  この説明書はすべての種別に共通に作成してありますので、登録用紙に見あたらない項目の説明
  もあります。その場合は読み飛ばして下さい。
 (1)新規・継続、種別、男女別欄および加入連盟は該当に○印を付けて下さい。
 (2)所属都道府県の欄にはチームを登録する都道府県名を記入して下さい。
 (3)登録役員数および登録選手数欄には、登録する個人の合計数を記入して下さい。
 (4)登録役員数欄の(内兼任 名)および(内学生 名)には、該当する人数を記入して下さい。
 (5)チームNo.、チーム名(学校名)は前年度に登録がある場合は同じNo.、名称にして下さい。チー
    ム名を変更する場合は、別途「チーム名変更届(理由書)」(書式任意)を添付して下さい。
 (6)代表者欄は、チームを代表される方(校長、部長、監督、指導者など)の氏名をお書き下さい。ま
    た、必ず捺印をして下さい。
 (7)チーム(学校)所在地を記入して下さい。
 (8)「大学」は、”大学承認印”を必ず用紙右上所定欄にうけて下さい。
 (9)連絡先欄は、日本協会登録証や各種通信物が確実に届くところを正確に記入して下さい。担当
    者名、送付先団体名が必要な場合は、必ず記入して下さい。機関誌送付先が連絡先と異なる場
    合は、機関誌送付先も正確に記入して下さい。もし登録後に転居などで住所を変更される場合
    は、速やかに日本協会および都道府県協会に連絡をして下さい。
 (10)各箇所のフリガナ欄には必ずカタカナで記入して下さい。郵便番号(〒)は必ず新7桁番号を記
    入して下さい。住所欄への都道府県名記入は不要です。
 (11)すべての種別のチーム役員、および「一般L」、「一般A」、「大学」に登録した選手は特にコンピ
    ュータ入力をし、登録No.で個人管理を行います。登録No.は生涯個人No.となります。前年度に
    発番がない場合、または、今年度、新規に登録するチーム役員および選手は番号欄に(新)と記
    入して下さい。役職欄は部長、監督、コーチ、トレーナー、ドクター、マネージャー、主務がこれに
    該当します。但し、「役職名」はチーム状況把握のために行うもので、この「役職」で登録を規定す
    るものではありません。従って、それぞれの大会規定に従い役職名を変更することが出来ます。
 (12)「大学」、「高専・高校」、「中学生」、「小学生・スポーツ少年団」に登録するチーム役員の内、同
    一学校の男子・女子両チームのチーム役員を兼任する場合は、役職欄に ”監督(兼)” のように
    役職名の後に”(兼)”と記入して下さい。また、登録料の免除を受ける側の登録用紙の現住所欄
    に、住所を記入せず ”男子チームで支払い”のように記入して下さい。
 (13)「大学」、「高専・高校」、「中学生」、「小学生・スポーツ少年団」に登録するチーム役員の内、同
    学校の学生、生徒、児童の場合は、番号に○をして下さい。
 (14)「大学」に登録する学生チーム役員の内、選手と兼任する場合は、チーム役員欄に記入せず、
    選手欄の番号に○をし、番号左外欄外に「役職名」を記入して下さい。
 (15)選手欄の通し番号はユニフォーム番号とは関係ありません。上から詰めて記入して下さい。
 (16)過去に登録した個人が新規に登録をし、新たに登録No.を取得すると重複登録としてリストア
    ップされます。重複登録は登録規定により懲罰の対象となりますので、間違いのないようにご注
    意下さい。特に、種別が変わる(大学→一般Aなど)、移籍などは、前年度(過去)の個人No.を
    確認し記入して下さい。
 (17)生年月日は西暦で記入して下さい。昭和の場合は年号に25を足せば西暦下2桁になります。
 (18)「契/非」欄はIHF規定に基づく選手契約の有無についてです。該当を○印で囲んで下さい。
 (19)勤務先は出来るだけ詳細に記入して下さい。
    例:○×(株)、●▼高校教員、◇◆大学□学部△年
 (20)平成11年度くまもと未来国体に出場された方(都道府県大会及びブロック大会を含む)は、
    「国体出場都道府県名」を記入して下さい。
14.連絡先、機関誌送付先変更について
 連絡先、機関誌送付先を変更する場合は、速やかに日本協会および各都道府県協会まで必ず
  ご連絡下さい。なお、機関誌年度は、平成12年7月〜13年6月(1月は休刊、年11回発行)で、
  通常の年度と異なります。3,4月の転勤・転居などの際は特にご注意下さい。
15.ご不明の点は、最寄りの都道府県ハンドボール協会または(財)日本ハンドボール協会
 (〒150-8050 東京都渋谷区神南1−1−1 電話 03-3481-2361)へお問い合わせ下さい。
 または、 webmaster@handball.jp にメイルでお問い合わせ下さい。

ご意見・ご感想は、E-mail: webmaster@handball.jp まで。


[ ホームページ ] へ戻る。